日本一狭い香川県はうどん県

広島県にはお好み焼き屋さん、宮崎県には地鶏屋さんなど、その土地の特産の食べ物を提供している店舗が多くありますが、香川県には街のあちらこちらにうどん屋さんが数多く点在しています。香川県の特産品であるうどんを全国にアピールするため、香川県観光協会が「香川県はうどん県」と表現したことも有名な話です。

そもそも香川県はその昔、讃岐の国と呼ばれており、製造されるうどんは「讃岐うどん」として親しまれています。讃岐が生んだ弘法大師空海が、中国から持ち帰ったことが始まりとされています。また、讃岐で上質な小麦が生産されたことや品質の良いいりこが獲れたこと、製塩が盛んだったことなどが讃岐うどんの製造に適していたと言われています。

小麦を塩水と練るとうまく調和し、じっくり熟成させることでタンパク質の一種であるグルテンがモチモチとした麺の食感となり、生地ダレすることを塩が防いで麺が強くなり煮崩れしないコシの強さとなり、最大の特長であるコシの強さとモチモチした食感の「讃岐うどん」となります。

上質の小麦や塩、醤油やいりこの素材がベースとなり、コシの強い「讃岐うどん」が作られる日本一県有面積の狭い香川県へ、うどんを求めて観光客が多く訪れることに納得できます。

車検 車査定

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です