眠れないのは病気なのでしっかりとした機関で

以前お医者さんに相談しに行った話
以前、私が勤務していた医療機関で患者さんが最近眠れなくて困っていると診察の時に医師に話していたことがありました。

不眠症を扱う診療科ではなかったのですが、いつも来院されている近所の方で、世間話のような感じだったと記憶しています。

医師は、きっと睡眠の専門家ではないにしても、何かしらの知識は持っているので、その患者さんにどのようなアドバイスをするのかと興味津々で聞いていました。

そしたら、夜に眠れないと言うことはたくさん昼寝をしているのだろうから、無理をして眠る必要はないと言い放っていました。

確かに、それはそうかも知れませんがもうちょっと医師らしいことを、患者さんに伝えても良いのではと思ってしまいました。

その方は笑って聞いていましたが、それは一理あるのかも知れないと感じたこともありました。眠れない時に、無理をして寝ようとすると余計に神経が高ぶるような気がします。

ストレスを溜めないこと、悩まないことが大事
健康のためには、睡眠が大切だと言うことが言い伝えられているので、不眠症は悪いことだとか思い込んでしまうと、余計に睡眠にこだわりを感じて返って良くないのかも知れません。

頻繁な不眠症は、診察が必要になると思いますが、たまに眠れない位だったら、まあそんな日もあるさと気楽に構えることも大事かなと思います。

医者に頼る前に生活習慣を変えるのもいいかもしれません。
または、睡眠薬を頼る前に休息サプリメントを試してみるのも、
私も最近というサプリメントを試し始めました。

転職 40代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です