ニキビ跡を治す方法とニキビの豆知識特集!:ニキビ跡を作らないニキビケア方法とは

ニキビは下手に触ってしまうと、ニキビ跡が残ってしまい困ったことになります。
そんなニキビ跡を治す方法としては、クレーターが出来ている場合には、それが皮膚の浅い部分であれば、ピーリングで綺麗にすることができます。

ピーリングというのは、表面の角質を酸を使って溶かしたり、レーザーなどで強引に剥がしたりする方法です。
表面の角質が剥がされると、新しい皮膚が作られて、へこんでいた部分が盛り上がり、徐々に元の状態に近い肌になります。
完全に滑らかな状態にすることは難しいですが、目立ったニキビ跡は解消されます。

また、ニキビ跡によって赤ら顔になってしまっているときには、毛細血管が拡張している状態なので、血管に反応する光を照射して拡張している毛細血管を破壊して赤みを消すことが出来ます。

このように、ニキビ跡を治す方法はありますが、きれいな肌を保つためには、そもそもニキビ跡を作らないことが一番です。そ
のために行えるニキビケア方法を知っておきましょう。

絶対にやってはいけないのは、ニキビ跡を潰すことです。
下手に潰すと皮膚の深いところまで傷ついた状態になってしまい、それがニキビ跡のクレーターになってしまいます。

そして肌にダメージが加わるようなことも避けましょう。
ニキビが出来ているところを擦らない、メイクも必要最低限にしておく、食べ物で脂っこいものは避ける、運動をする、睡眠をとる、といったことは基本中の基本です。

ニキビが潰れないように気をつけたいのであれば、出来ている場所にもよりますが絆創膏を貼っておくというのも効果的なニキビケア方法です。
普通の絆創膏を貼るのではなくニキビケアができる薬を塗っておきます。
そうすると薬の成分が、何かに触れて落ちることはありませんし、手についた汚れなどがにきびの出来ているところにつく心配もありません。

一日中つけていることが難しいのであれば、夜寝ている時のニキビケア方法としてやりましょう。ニキビの炎症がおさまるまで繰り返せば、ニキビ跡になる可能性も減ります。

効果的なのはクリームだった!背中ニキビを治す方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です