就職に関するメリットとデメリット

今の仕事に就いて、3年ほど経った。それなりに経験も積めたし、後輩にちゃんとした指示を送れるようにもなった。
けれど、ここで仕事をするのには違和感がある。だったら、転職してみようか。 と考えている方はいらっしゃいませんか?

転職にはメリットがありますが、当然のことながらデメリットだってあります。この記事では、転職のデメリットとメリットを紹介します。

転職のデメリットから紹介します。1つは、退職金や、企業年金という点で不利になります。退職金と企業年金は、一つの企業に勤務している時間が長い人ほどもらえる金額が多くなります。
転職をするということは、つまりそれがゼロになるということです。3年間1つの企業で働いているのが、0日からになってしまうのです。
それから、歳を取ってからの退職金というのは、例えば大卒と40歳で比べると半分ほどになってしまいます。

2つ目は、福利厚生などの待遇が悪くなってしまいます。これも企業に勤続している年数が長い人ほど優遇されます。転職をしたら、もしかすると満足のいくような待遇が受けられないかもしれません。これらは、賞与と給与にも反映されます。三か月ごとの評価によって支給される場合が多いので、その期間の途中から転職先に勤めることになった場合、満額支給でもらえない可能性もあります。

では、次に転職のメリットをお伝えします。1つは、自分の興味をもっていることをとことん追求できるということです。自分のやりたいことがあり、それに没頭出来て、お金も貰えます。ここまで上手く行く例は、当然そんなにないのですが、自分の興味のある分野だったら、仕事にとても遣り甲斐を持てるようになりますよね。

それから、待遇面がよくなる可能性があります。今勤務している職場の待遇に不満を持っており、転職したら、それが改善される可能性があるかもしれません。残業をやりたくないとか、休日はゆっくりしたいから出勤したくないという要望も叶うかもしれません。

また、新たな気持ちで職場に望めるため、人間関係を新たに構築できます。それのどこがメリットなのかというと、仕事において、どうしても人とのコミュニケーションというものは必要となってきます。
もし、前の職場であまり上司や部下とソリが合わないと、コミュニケーションを逐一取るとき、ストレスになってしまいますよね。
ですが、心機一転をして人との関わりが重要だと気が付いたら、相手は自分のことを何も知らないし、当然自分も相手のこと知らないので、良好な関係を築こうと思えば、築き努力をして働きやすい職場になるかもしれません。

医師 転職 東京 転職サイト ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です