ニキビとニキビ痕に悩んだ歴史

十代から二十代にかけては結構肌トラブルが絶えませんでした。
その中でも、ニキビとニキビ痕には悩まされ続けました。
フェイスライン、特にこめかみからもみあげにかけての生え際のニキビ痕は、気になって仕方がありませんでした。

当時は間違ったスキンケアにとらわれたり、面倒くさくてスキンケアを怠ったり、気になれば気になるほどニキビとニキビ痕が目立ってしまい、だめだとわかっていても触ってしまってさらに悪化するという負のスパイラルにとらわれていました。
皮膚科にも通ったりもしましたが、劇的に治るわけでもなく、悶々とするだけでした。
皮膚科では、できてしまった赤ニキビを医療行為でつぶしてもらったり、ビタミンCの錠剤を処方してもらったりしていましたが、対処療法に過ぎず、新たにできるニキビの予防やできてしまって痕になったニキビ痕が改善することはありませんでした。
定期的に通って、ニキビ跡の治療に専念すればよかったのかもしれませんが、なかなか成果が出ないので足が遠のいてしまいました。

加齢とともにニキビはできなくなり、肌状態も落ち着いてきました。
しかし、クレーター状まではいきませんが少し凸凹してしまっていたニキビ痕はそのままになっていました。
そんな時、まつ毛パーマでお世話になっていたエステでフォトフェイシャルという施術を受ける機会がありました。
この施術は肌の細胞の深い部分に働きかけ活性化させる効果があるそうで、数回施術を受けた時に、それまで気になっていたニキビ痕が改善しているのに気づきました。
とはいえ、完全に綺麗になったわけではありませんでしたが、フォトフェイシャルには感謝しています。

背中ニキビに効く!ニキビケアクリームおすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です