人前に出る仕事に就いた為歯のホワイトニングが必要に

私が自分の歯の白さに意識が向く様になったのは、実は社会人になってからの事。

大学時代までは結構ズボラな性格で身体のケアや美意識に関して大した関心は抱いていなかったものの、就職先がサービス業、しかも頻繁に客を相手にする販売業だった事もあり、嫌が応にも自分のスタイルやルックスと対峙せざるを得なくなってしまったのです。

スタイルの原因は明らかな不摂生でしたから、ダイエットをこなせば何とかなるとして、問題となったのは歯の黄ばみや汚れ。数年間の不摂生も祟って前歯の殆どが真っ黄色の状態になっており、歯の隙間は更に黒く、歯石も多く溜まっています。

もちろん真っ先に思い浮かんだのは当然歯のホワイトニング。普段何気なく見ていたテレビ番組の中の各有名人の歯の白さを見て、その効果が素晴らしく思えたのは言うまでもありません。幸い休みがはっきりしている出勤ローテであり、ホワイトニング専門のクリニックを受診するにも何ら支障のないものでした。

受診当日、カウンセリングの後早速ホワイトニングの施術に入ってくれるのかと思いきや、歯のクリーニングという下準備が必須との事。先ずはじっくりと、長年溜まってきた厚い歯石を除去してからという事になりました。虫歯は無かったものの、歯石の量が想像以上に多く手間取った為、ホワイトニングそのものは2回目以降の通院で行う事に。

それでも合計3回の通院で自分が希望した部分の歯をすっかり白い状態に取り戻す事が出来、顔の見栄えも随分とスッキリ爽やかになった様に感じました。その後は仕事の内容もあり、常に歯を美しく保つ習慣を付けたのは言うまでもありません。

歯の着色汚れを落とす歯磨き粉のおすすめ3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です