妊活を始めたら基礎体温を測るのが基本

赤ちゃんがほしい、妊活を始めよう、と思ったら、1番最初におすすめすることは、基礎体温を測ることです。これは、妊活の基本中の基本です。基礎体温を測り続けると、排卵のタイミングや、排卵しているか、次の生理までの日数などが、体のリズムがわかります。排卵のタイミングでないと妊娠はできないので、体のリズムを知ることは、妊娠への第一歩となります。

基礎体温は、基礎体温計という普通の体温計より詳細な体温が測れるものを使います。普通の体温計は、36.5度と小数点以下1桁までしかはかれませんが、基礎体温計は36.58度と、小数点以下2桁まで測定することができます。基礎体温は、体が体が1番安静になっている状態で測ります。少しの動きでも、体温が上昇してしまうからです。ポイントは、枕元の手の届くところに基礎体温計を置いておきましょう。朝、目が覚めたら起き上がったり寝返りをする前に計測します。舌の裏側の真ん中にある、筋の根元に体温計を当てましょう。毎日同じ時間に測るのがよいです。

基礎体温を測っていくと、体温が低い時(低温期)と体温が高いとき(高温期)に分かれます。女性は、生理が始まると卵胞期といって卵を育てる時期になり、体温が下がります。低温期が14日ぐらい続くと排卵され、今度は体温が高くなります。この体温の高い時期が黄体期で、受精している場合は、着床する時期で、妊娠を維持するために体温が高くなっているのです。低温期から高温期の間に、体温ががくんと下がる日があります。この日の前後3日間ぐらいに排卵しています。

基礎体温が2層にわかれていないと、排卵がされていない無排卵月経の可能性もあります。妊娠できる体かどうか知るため、排卵の時期を知るためには、基礎体温を測りましょう。

ベジママは妊活に効果的!

ニキビ跡を治す方法とニキビの豆知識特集!:ニキビ跡を作らないニキビケア方法とは

ニキビは下手に触ってしまうと、ニキビ跡が残ってしまい困ったことになります。
そんなニキビ跡を治す方法としては、クレーターが出来ている場合には、それが皮膚の浅い部分であれば、ピーリングで綺麗にすることができます。

ピーリングというのは、表面の角質を酸を使って溶かしたり、レーザーなどで強引に剥がしたりする方法です。
表面の角質が剥がされると、新しい皮膚が作られて、へこんでいた部分が盛り上がり、徐々に元の状態に近い肌になります。
完全に滑らかな状態にすることは難しいですが、目立ったニキビ跡は解消されます。

また、ニキビ跡によって赤ら顔になってしまっているときには、毛細血管が拡張している状態なので、血管に反応する光を照射して拡張している毛細血管を破壊して赤みを消すことが出来ます。

このように、ニキビ跡を治す方法はありますが、きれいな肌を保つためには、そもそもニキビ跡を作らないことが一番です。そ
のために行えるニキビケア方法を知っておきましょう。

絶対にやってはいけないのは、ニキビ跡を潰すことです。
下手に潰すと皮膚の深いところまで傷ついた状態になってしまい、それがニキビ跡のクレーターになってしまいます。

そして肌にダメージが加わるようなことも避けましょう。
ニキビが出来ているところを擦らない、メイクも必要最低限にしておく、食べ物で脂っこいものは避ける、運動をする、睡眠をとる、といったことは基本中の基本です。

ニキビが潰れないように気をつけたいのであれば、出来ている場所にもよりますが絆創膏を貼っておくというのも効果的なニキビケア方法です。
普通の絆創膏を貼るのではなくニキビケアができる薬を塗っておきます。
そうすると薬の成分が、何かに触れて落ちることはありませんし、手についた汚れなどがにきびの出来ているところにつく心配もありません。

一日中つけていることが難しいのであれば、夜寝ている時のニキビケア方法としてやりましょう。ニキビの炎症がおさまるまで繰り返せば、ニキビ跡になる可能性も減ります。

効果的なのはクリームだった!背中ニキビを治す方法