就職、転職活動において大切なこと

就職、転職活動を行う上で大切なことは、企業のニーズと自分の強みをマッチングさせることです。自分の長所をアピールしたとしても、それが企業サイドが求めているものと一致しなければ、積極的に採用しようとは思いません。かといって、企業研究のみにパワーをかけて、企業に自分を寄せすぎるのも印象はよくありません。あくまでも、自分の強みの中で企業のニーズと合致するものを探し出すことが肝要です。
新卒の就職活動では、自分の強みというものは実務面ではなく、今まで経験してきた学生生活から探すことになります。自分の生活面や性格をアピールすることになるので、性格検査等を利用して、客観的に説明できるようにしておくことが大切です。
アルバイトの経験を取り上げる際は、具体的に述べたほうが良いです。社会人側からすると、アルバイトでの就業経験は特別なことではないので、周りと差をつけるエピソードを加える必要があります。例えば、スーパーでのアルバイト経験を取り上げる場合、単にレジ打ちをしていたことを言うのではなく、レジ打ちを如何に速く、正確に行うか考え、実践してた等、具体的に述べられると良いです。
転職活動の場合、面接では前職の業務経験を聞かれることが大半です。業務経験の中から自分の強みを探して、その強みを転職先でどのように活かせるか述べるようにしましょう。企業側が求めているニーズと合致すれば採用に至る可能性が高まります。異業種への転職の場合、業務経験をそのまま活かせるとは限らないので、経験を間接的に活かす方法を述べられると良いと思います。
就職活動、転職活動ともに自分をアピールしすぎて、企業側のことを考えないと独りよがりな状態に陥ってしまいます。頑張っているのに中々採用されない、そのようなときは、自分のアピールを一旦棚に置いて、企業側のニーズを精査することに力を入れてみましょう。客観的に自分と企業を見ることができれば、就職、転職戦線を勝ち抜くことができます。

薬剤師 転職 派遣 転職サイト ママ 女性

就職に関するメリットとデメリット

今の仕事に就いて、3年ほど経った。それなりに経験も積めたし、後輩にちゃんとした指示を送れるようにもなった。
けれど、ここで仕事をするのには違和感がある。だったら、転職してみようか。 と考えている方はいらっしゃいませんか?

転職にはメリットがありますが、当然のことながらデメリットだってあります。この記事では、転職のデメリットとメリットを紹介します。

転職のデメリットから紹介します。1つは、退職金や、企業年金という点で不利になります。退職金と企業年金は、一つの企業に勤務している時間が長い人ほどもらえる金額が多くなります。
転職をするということは、つまりそれがゼロになるということです。3年間1つの企業で働いているのが、0日からになってしまうのです。
それから、歳を取ってからの退職金というのは、例えば大卒と40歳で比べると半分ほどになってしまいます。

2つ目は、福利厚生などの待遇が悪くなってしまいます。これも企業に勤続している年数が長い人ほど優遇されます。転職をしたら、もしかすると満足のいくような待遇が受けられないかもしれません。これらは、賞与と給与にも反映されます。三か月ごとの評価によって支給される場合が多いので、その期間の途中から転職先に勤めることになった場合、満額支給でもらえない可能性もあります。

では、次に転職のメリットをお伝えします。1つは、自分の興味をもっていることをとことん追求できるということです。自分のやりたいことがあり、それに没頭出来て、お金も貰えます。ここまで上手く行く例は、当然そんなにないのですが、自分の興味のある分野だったら、仕事にとても遣り甲斐を持てるようになりますよね。

それから、待遇面がよくなる可能性があります。今勤務している職場の待遇に不満を持っており、転職したら、それが改善される可能性があるかもしれません。残業をやりたくないとか、休日はゆっくりしたいから出勤したくないという要望も叶うかもしれません。

また、新たな気持ちで職場に望めるため、人間関係を新たに構築できます。それのどこがメリットなのかというと、仕事において、どうしても人とのコミュニケーションというものは必要となってきます。
もし、前の職場であまり上司や部下とソリが合わないと、コミュニケーションを逐一取るとき、ストレスになってしまいますよね。
ですが、心機一転をして人との関わりが重要だと気が付いたら、相手は自分のことを何も知らないし、当然自分も相手のこと知らないので、良好な関係を築こうと思えば、築き努力をして働きやすい職場になるかもしれません。

医師 転職 東京 転職サイト ランキング

最終的に友情っていうのも分かる

男女間で恋が芽生えてから最終的に結婚して夫婦という形になってからも、最後の最後には恋愛感情よりも友情や思いやりが関係を繋ぐというのも分かる気がしてくる今日このです。
もちろん、男女の関係がなかったら2人の間から色恋がなくなって味気がなくなると思いますが、お付き合いが長くなったり結婚生活も長くなるほどにどんなカップルも愛情の質がだんだんと当初のラブラブ状態から落ち着いたものになってくるのも自然なことですね。
でもこれは相手に異性としての興味が失せたのとは違って、だんだんと一緒に生きて生活をともにしていく家族としての情ができてくることです。その情の部分は、一緒に夫婦で苦難を乗り越えたりしていくことでさらに絆が強く、確かなものとなっていくわけですね。
私も生活の中で時折夫といざこざやりながらも、翌朝にいつもの飲み物を普通に出してあげたり、好物のスープを作ったり、夫が寝ていたときに布団をかけ直してあげたりしながらこういうのをキズナと呼ぶのかな、なんて思うことがあります。
ドキドキすることも大切ですが、それ以上にともにあるということや尊重し合うことができる関係やその構築はもっと根本的に大事だと思っています。むしろこの究極の友情あってこそ、心も体も許し合えたり、男女としての色恋の部分も後からついてくるように思いますね。絆というものは一過性の気分の盛り上がりやアバンチュールの類のものをはるかに超えた強い力が働くものだと思います。
夫婦生活を見つめながら関係について改めて考えさせられている日々なのでした笑。

医師 転職